派遣から正社員

正社員という安定した働き方で生きていきたい派遣社員の方へ

 

先行きの見えない不況。口にしている人は楽観的かもしれないが、生きていくために仕事を必要としてる人にとっては、カンタンに口にできるような言葉ではありません。

 

かつては、派遣切りなどが社会現象になり、一時期は影を潜めていた派遣社員という形態も、安倍政権へと移行した年から、徐々にひっそりと増えてる気がしてなりません。

 

私は、今から10年前に、とある自動車会社へ派遣として入りました。28歳。娘はまだ2歳でしたが、月のお給料は手取りで20万円もなかったです。2DKの安いアパートで3人布団を並べて生活をしていました。

 

私は、その後、幸いにも、その会社から社員登用のお話を頂くことができました。その半年後には、いわゆる派遣切りが話題になっていきました。

 

一緒に働いていた仲間も、そのほとんどが、今では社内に居ません。あの苦い想い出は今でも私を苦しめることもあります。

 

派遣から社員になっても、所詮は中途ですから、後から入った新入社員ばかりが、次々に社内研修を先に終えていきます。

 

そして、近年、あの頃の私と同じように、職場に派遣社員が入ってくるようになりました。私は、彼らの苦労も知っているつもりです。だから、他の社員にはバレないようにアドバイスをおくることもあります。

 

派遣社員から正社員へなることが、本当に良いかと言われると、それは私が、この先でどう会社での生活を終えるかまではわかりません。ただ、ひとつ言えることは、安定した生活というのは、心の余裕ができることは確かです。

 

私は、20代のあいだに弱小な家族企業や、金融ブラック会社など、仕事においてはたくさん苦労をしてきました。もう40歳を過ぎる今になっても、その苦労を想い出し、雇用の情勢については、今もなお興味の中心であり、様々な勉強を続けています。

 

あなたもこの先、ずっと派遣でいたいなんてことは思ってないでしょう。これから、私が見てきた10年を振り返りながら、あなたに何かしらの手助けになれることを書ければと思います。キレイ事ばかりを書く気はないので、気を悪くする記事もあるかもしれませんが、私が体験してきたリアルであり、今も目の前で見ている現実ですので、きっとお役に立てると思います。